くろのアトリエ

絵に人生を捧げるオタクのブログ

何描きたいかわからない人は、自分の見たいイラストを描けばいい

 

自分の作ったものが、周りの人に見てもらえない、もしくは評価されないと悩む人、たくさんいると思う

 

かく言う僕も、ブログ書いたりイラスト描いたりしてるんだけど、上記のように悩むことがよくある

 

最近「読みたいことを、書けばいい」という本を読んだ

 


読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

 

 

どんな本なのかざっくり説明すると、今挙げたようなことで悩んでるあなたの心を、スッと軽くしてくれる本である

 

  • 自分の描いた文章を、いろんな人に見てもらうことができ、かつ高い評価を得るテクニックなんてものはない
  • 評価は周りの人が決めるもので、自分ではどうしようもないので気にしても仕方ない
  • 自分で面白いと思える文章を書けばいい

 

これらのことを、素敵な言い回しで強く訴えてくる本であり、書くことの楽しさとめんどくささを伝えてくれる本である

 

 

 

この本は文章のことに関して語られているが、これはイラストにも当てはまるのではないかと思う

 

というか、文章やイラストに限らず、クリエイティブな活動すべてに当てはまっている

 

僕はイラストを描いているので、この記事ではイラストをメインにして話したいと思う

 

 

イラストを描き終わった後、一番初めにその作品を見るのは自分である

 

そのとき、自分がそのイラストをみて面白いと思えることが、何よりも大切なのだと気づかされた

 

描くというのは、正直めんどくさい

 

ただ、完成した作品を楽しむことができれば、またイラストを描きたくなるはず

 

もしもここで、自分のためではなく、他人が決める評価のために絵を描き始めてしまうと、イラストを描くこと自体が楽しくなくなってしまう

 

 

インターネットのおかげで、いろんな人に自分の作品を見てもらえる機会が増えた

 

これが原因で、周囲の評価に悩まされるクリエイターも増えているように思う

 

他人の評価に振り回されて悩んでいるクリエイターの方は、ぜひこの本を読んでみてほしい

 

きっと心が軽くなるはず

 


読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

 

おしまい

 

 

 

 

 

今まで描いたイラストを、フリー素材として公開してます

僕が好き勝手描いたものなので、応用性はほぼゼロですが、興味ある方はご自由にお使いください

www.torutan.work