くろのアトリエ

絵に人生を捧げるオタクのブログ

イラスト描く人におすすめする資料の集め方

イラスト描く人におすすめする資料の集め方

 

イラストを描くうえで資料集めはめっちゃ大事

 

資料を集めることで自分の作品のクオリティを高めることができます

 

 

でもどうやって資料集めたらいいかわからないという方もいると思いますので、今回は僕が資料集めに利用しているサイトや本を紹介します

 

 

  • グーグル画像検索
  • ピクシブ
  • Twitter
  • ピンタレスト
  • Pixabay
  • やさしい人物画

 

資料集めには、上の6つの本やサイトを利用しています

 

それぞれ使う場面が違うので、下でざっくりと紹介します

 

 

 

 

 

グーグル画像検索

 
これは知らない人はあまりいないと思いますが一応紹介しときます
 
とりあえずグーグル画像検索で探してみて、見つからなかった場合に他の媒体を利用する感じです
 
グーグル画像検索はよく使うので、もし使ったことがない人は使ってみてください
 
 
 

ピクシブ

 

イラスト コミュニケーションサービス[pixiv(ピクシブ)]

 

様々なイラストが投稿されているサイトです

 

ランキングなどがあるので、今どんな絵柄・コンテンツが流行っているのかを確認することができます

 

今こんなのが流行っているのねぇーみたいな感じで、なんとなく世の中の需要を確認したいときに利用しています

 

少しだけ話がそれるのですが、需要を把握することはとても大事で、多くの人に自分のイラストを観てほしいのなら流行りを知っておいて損はないと思います

 

ハイレベルな作品に触れて刺激をもらうこともできるので、定期的に覗いてみるといいと思います

 

 

注意点としては、ピクシブはリアルよりのイラストが弱いところです

 

フォトリアルなイラストをメインにされている方はあまり参考にならないと思うんで注意してください

 

 

 

 

 

Twitter

 
神絵師が住んでいる場所ですね
 
目標にしたいイラストレーターや好きな絵柄の絵師さんのイラストを観るために使っています
 
自分の描くイラストのテイストを決めるときに利用しています
 
資料を集めるというよりは、目標を定めるために使うっていう感じですね
 
 
 
 

ピンタレスト

 

Pinterest - ピンタレスト

 

資料集めの時に、メインで使っているのがこのピンタレストというサイトです

 

豊富な資料があるだけではなく、自分でテーマごとに資料をまとめることができるのでとても便利です

 

いろんなサイトを利用してきましたが、個人的に一番使いやすいので使ったことない人はぜひ使ってみてください

 
 
 

Pixabay

 
フリーの画像がたくさんあるサイトです
 
綺麗な写真が多いので、背景の資料を集めたりするのに適しています
 
 
 
 
 

やさしい人物画

 


やさしい人物画

 
人物を描くときに参考にしている本です
 
基本的な身体の構造が解説されているほか、様々なポーズも紹介されているのでいろんな場面で参考になる本です
 
注意点としては、リアルな身体の解説本なので、デフォルメされているキャラクターを描くときに参考にしにくいところです
 
リアルなものをデフォルメの絵柄に落とし込むのは技術というか知識が必要なので、それが難しいなという人にはこの本はおすすめしません
 
 
 
 
という感じで、今回は僕が資料集めに利用している本やサイトを紹介しました
 
使ったことのないものがあれば、ぜひ使ってみてください
 
おしまい
 
 
 
 

今まで描いたイラストを、フリー素材として公開してます

僕が好き勝手描いたものなので、応用性はほぼゼロですが、興味ある方はご自由にお使いください

www.torutan.work

 

お仕事も受け付けております
お問い合わせフォームまたはTwitterからお願いします

お仕事依頼時のお願い - くろのアトリエ

如月くろ (@kisakuro_Atrie) | Twitter