くろのアトリエ

絵に人生を捧げるオタクのブログ

周りを観察しながら生活すると絵が上手くなる

周りを観察しながら生活すると絵が上手くなる

 

 

イラストレーターのさいとうなおき(@_NaokiSaito)さんが、絵が下手な人の特徴を動画にされていました

 

その中でめちゃくちゃ共感できる部分があったので、紹介したいと思います

 

動画内では3つ挙げられていたのですが、その中でも僕がたまたま普段やっていていいなと思っていたことがあったので、今回はそれにフォーカスを当ててお話します

 

詳しく知りたい方は、さいとうなおきさんの動画をぜひ観てください

 

 

www.youtube.com

 

 

今回フォーカスを当てるのは、周りを観察しながら日常生活を送ると絵が上手くなるという話です

 

絵を仕事にされている多くの方は、日常生活を送るうえで絵のことをよく考えているそうです

 

普通に生活していると、なかなか絵のこととか考えないじゃないですか

 

でもそれではいけないと

 

そりゃ普段からいろんなことを絵に結び付けて考えている人とそうでない人を比べると、前者の方が絵が上手くなることは当然ですよね

 

普段生活しているだけで、絵に対する知識とか気づきが得られるんですもん

 

 

 

でも、周りを観察しながら生活ってどうやるんだよって思いますよね

 

これ、めちゃくちゃいい方法あるんですよ

 

動画でも紹介されていて、観ていて同じことやっている! って嬉しくなったんですけど

 

それは写真を撮りながら生活してみることです

 

写真を撮ろうと思いながら生活しているだけで、無意識にかっこいい構図とか色とかに注目できるんですよね

 

僕はよく、絵の資料にできないかなと思いながら写真を撮ることが多いのですが、写真を撮ろうとして周囲に目を向けるとが絵の上達につながるとは思ってもいなくて、動画を観て驚きました

 

 

周りを観察しながら生活、と聞くとちょっと難しそうですが

 

写真を撮ろうと思いながら生活する、と聞くとちょっと簡単そうじゃないですか?

 

さらに、かっこいい写真とか撮れたら資料としても使うことができるので一石二鳥です

 

いいこと尽くしなんで、ぜひやってみてください

 

 

おしまい

 

 

 

 

今まで描いたイラストを、フリー素材として公開してます

僕が好き勝手描いたものなので、応用性はほぼゼロですが、興味ある方はご自由にお使いください

www.torutan.work

 

お仕事も受け付けております
お問い合わせフォームまたはTwitterからお願いします

お問い合わせ - くろのアトリエ

如月くろ (@kisakuro_Atrie) | Twitter