くろのアトリエ

絵に人生を捧げるオタクのブログ

感情が動いた原因を言語化できるとイラストが上手くなる話

感情が動いた原因を言語化できるとイラストが上手くなる話

 

  • かっこいい
  • かわいい
  • 美しい
  • こんな世界行ってみたい

 

なんでもいいけど、イラストを観てくれた人に感動してもらえるような作品を作りたい

 

作品を作っている人は、自分の中にあるものを伝えて何かしら感じ取ってほしいと、大半の人が思っていると思う

 

でも、実際人の心を動かすってめちゃくちゃ難しい

 

イラストを投稿しては反応の少なさに落胆する日々

 

そこで今回は、感情をどうやったら動かせる作品を作れるか考えてみた

 

 

 

 

自分の感情が動いた原因を言語化する

 

人の感情をどうやったら動かせるのか

 

それを知るには、人の感情が動く原因を調べるのが手っ取り早いんじゃないかって

 

でも実際問題、人がいつ感動したかなんてわからないじゃないって思ってたんだけど、よくよく考えたら超身近に一人いるじゃん

 

感情が動いたらその瞬間に把握できる人物が

 

そう、自分ですよ

 

  • 映画
  • アニメ
  • ゲーム
  • 舞台
  • イラスト

 

なんでもいいけど、他者の作品に触れて感動した時に

 

ああ、感動した―

 

で終わるんじゃなくて

 

今なんで感動したんだ?

 

って考える

 

これでなぜ感動したのかを知ることができる

 

 

そして考えるときには、しっかりと言語化する必要がある

 

言語化しなければ、すごく曖昧になって自分の作品に感動する要素を落とし込めないから

 

ソースは僕

 

しっかりと言語化しておけば、それを自分の中に落とし込むことができて、作品に応用しやすくなる

 

 

 

普段の生活で何となく享受している娯楽

 

そこに少しだけ思考を加えてあげると、自分の作品のクオリティを上げてくれるものになる

 

そう考えるとなんかすごくない?

 

 

 

ということで、感情が動いた原因を言語化できるとイラストが上手くなるんじゃね? っていう話でした

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

今まで描いたイラストを、フリー素材として公開してます

僕が好き勝手描いたものなので、応用性はほぼゼロですが、興味ある方はご自由にお使いください

www.torutan.work

 

お仕事も受け付けております
お問い合わせフォームまたはTwitterからお願いします

お仕事依頼時のお願い - くろのアトリエ

如月くろ (@kisakuro_Atrie) | Twitter